ヴォーソス見聞録

ヴォーソス視点でMTGのお気に入りカードを紹介していきます。

芋虫婆のお話と汁婆のお話

今回はローウィンのゴブリンと、婆のお話関連のFTについて紹介します。
ローウィンのゴブリンはボガートと呼ばれ、婆と呼ばれる最年長者に率いられる部族で生活する天真爛漫でいたずら好きな新しい感覚を楽しみ他種族の領地を探検して食べ物や目新しいものを盗むという種族です。一応、そんな自由気ままに見える彼らにも「すべての新しい宝物と経験は分かち合うこと」という規則はあり、贈り物を独り占めし溜め込む者は許されざる罪に問われて追放されるらしいです。(『流刑のボガート』のFTを参照)
次にボガートの婆について。
婆と呼ばれるのは、巣の指導者である最年長者の事です。主にFTに登場しているのは「汁婆」と「芋虫婆」ですが、他にも火打婆や麦汁婆という婆もいるようですね。
汁婆のお話は「雑草刈りのポプラ」に、芋虫婆のお話は「スズメバチ騒がせ・ボガートの妖精追い・タール投げ・タール火」の4枚のカードに書いてありますが、どれも童話の一節のような語り口で、読んでいると結構楽しいです。
ローウィンMTG貴重パック3set